食の効能・効用
 食べ物の効能を知って、体に良いものをバランスよく取り入れましょう!

 
 日本酒の効能・効用

 日本酒には、ビタミン、アミノ酸、ペプチド、麹(こうじ)酸など新陳代謝を高めてくれる成分がたくさん含まれています。
 日本酒は、米を麹菌で分解して酵母で発酵させて作りますが、この過程で生み出される麹酸が、しみやほくろの原因になるメラニン色素の生成を押さえ込む働きがあるそうです。ですから、酒どころに色白の美人が多いとか、相撲取りの肌はきれいだなどとよく言われるのです。

 また、日本酒には悪玉コレステロールを取り除いて、血管の若さを保ってくれる働きがあります。ですから、寒い日に日本酒を飲むと血行をよくしてくれて、身体を暖めてくれます。
 最近では、日本酒の中にはガン細胞を抑えたり、ボケを防いでくれる働きがあるともいわれています。
 とはいっても、いくら身体にいいからといって飲み過ぎないように気をつけなくてはいけませんね。

純米酒のすすめ

 こんなに体にもよい日本酒ですが、においや味にくせがあって飲みにくいという声も良く聞きます。
 
 かくいう私もその一人だったのですが、上原 治先生の「純米酒を極める(光文社新書)」を読んで、それまでの考えが一変しました。
 
 日本酒といわれる中で、醸造アルコールを含まず、米と米麹だけで作るものを「純米酒」というのだそうですが、上原先生はこの純米酒を飲むことを薦められ、上原先生のいわれるように純米酒を選んで飲んだら、私の体質にあったのか、美味しく悪酔いしなかったのです。
 今では、上原先生の「カラー版 極上の純米酒ガイド(光文社新書)」の中から美味しそうな純米酒を選んで味わっています。



・トマト
 ・玉ねぎ ・きゅうり
なす ・ねぎ ・キャベツ
・にんじん ・だいこん
・ほうれんそう ・りんご
・ピーマン ・モロヘイヤ
・レモン ・バナナ
・ブルーベリー ・まいたけ
 
・まぐろ ・さんま ・うなぎ
・かに
 ・牛肉 ・豚肉

・たまご ・そば ・わさび
・納豆 ・落花生 ・梅干し
・はちみつ

・牛乳 ・コーヒー ・紅茶
・ココア ・緑茶 ・ビール

・日本酒 ・焼酎 ・ワイン


 総合メニューへ
  (まだまだあります)
























Copyright(C)2004-2007 食の効能・効用 e情報館 All right reserved