食の効能・効用
 食べ物の効能・効用・効果を知って、体に良いものをバランスよく取り入れましょう!

 
 蕎麦(そば・ソバ)の効能・効用

 蕎麦(そば)には、ルチンやコリンなど様々なものが含まれています。

 蕎麦(そば)に含まれるルチンは血液をきれいにしたり、血圧を下げる働きのほかに、糖尿病になりにくくしたり心臓病の予防やボケを防ぐ効果があるといわれています。
 
 またコリンには、肝硬変や動脈硬化を防いだり、自律神経失調症になりにくくする効果があるともいわれています。

 そのほかにも、疲労回復に効果のあるパントテン酸、お肌によくシミ、ソバカス防ぐシスウンベル酸、大腸ガンや便秘になりにくくする食物繊維が蕎麦(ソバ)に含まれているなど、いろいろな効能や効用、効果があります。



 そば屋で最後に出てくるそば湯も、ビタミンB1やルチンを豊富に含んでいますので、栄養効果があります。本来の濃いそば湯を出してくれるお店は、良心的でいいですね。

 最近は、ペットボトルのそば茶が売られていて、ルチンの効果が幅広く知れ渡っていますが、昔から庶民の味として親しまれていた「蕎麦(そば)」は、もっと見直されてもいいと思います。。

ルチンの効能・効用として、
 ルチンはフラボノイドの一種で、ビタミンPとも呼ばれていますが、抗酸化栄養素として知られています。
 蕎麦(そば)の効能として、毛細血管を強化することや血圧効果作用があることが言われていますが、これはルチンの持つ効能・効用による効果であるといえます。

 蕎麦(そば)に含まれる成分は茹でてしまうと溶け出てしまうので、蕎麦(そば)湯を飲むことが良いのです。



 

・トマト
 ・玉ねぎ ・きゅうり
なす ・ねぎ ・キャベツ
・にんじん ・だいこん
・ほうれんそう ・りんご
・ピーマン ・モロヘイヤ
・レモン ・バナナ
・ブルーベリー ・まいたけ
 
・まぐろ ・さんま ・うなぎ
・かに
 ・牛肉 ・豚肉

・たまご ・そば ・わさび
・納豆 ・落花生 ・梅干し
・はちみつ

・牛乳 ・コーヒー ・紅茶
・ココア ・緑茶 ・ビール

・日本酒 ・焼酎 ・ワイン


 総合メニューへ
  (まだまだあります)







Copyright(C)2004-2008 食の効能・効用 e情報館 All right reserved