食の効能・効用
 食べ物の効能・効用・効果を知って、体に良いものをバランスよく取り入れましょう!

 
 レモンの効能・効用

 古来、十字軍遠征の際に、ビタミンC不足からくる壊血病の予防に積荷に 入れたと言われるほど、ビタミンC補給に欠かせないのがこのレモン。 そんな栄養いっぱいのレモンの特集です。








酸っぱい果物といえば、必ず思い浮かぶのがこのレモン。この酸味は クエン酸という成分からきています。 クエン酸には体内の疲労物質である乳酸を分解し、代謝をスムーズに する働きがあるので疲労回復につながるというわけです。

体の中のビタミンCが少なくなると不足するのがコラーゲン。 コラーゲンとは、体中に存在するたんぱく質の一種であり、各器官の 保護・結合などに役だっています。 このコラーゲンが不足することで、お肌のハリが無くなり、たるみ・ しわの原因になると言われています。 コラーゲン不足を防ぐためにも、毎日のビタミンCの補給に心がけましょう。 また、レモンの皮を刻んで、木綿の袋に詰めてお風呂にいれると、自然の 入浴剤となり美白効果が得られのでぜひ試してみて下さい。

物忘れが激しい方はぜひお部屋にレモンを置いておくことを オススメします。レモンの香りが部屋中に広がり、集中力が高まります。 香りといってばかにするなかれ、レモンの香りには、記憶の中枢である脳の海馬の働きを活性化させる効果が実証されています。 ただ、それだけだと脳が疲れてしまうので、レモンの香りもラベンダーのような リラックス系の香りと組み合わせて使うことが大切です。




・ビタミンCがレモン○○個分ってどのくらい?

「レモン○○個分のビタミンCが含まれています」という表示 を見ると、思わず健康によさそうとだとは思いますが、では、 いったいレモン1個分とはどのくらいなのでしょうか。 これにはちゃんと基準があって、日本農林規格の定めた基準に基づき ビタミンC、20mgをレモン1個分としています。成人男性が1日とるべき ビタミンCの目安が1日50mgですから、大体レモン2.5個分。 ぜひ、栄養補給の参考にして下さい。もちろん、レモンだけではなく いろいろな食品をバランスよくとることが大切です。





・トマト
 ・玉ねぎ ・きゅうり
なす ・ねぎ ・キャベツ
・にんじん ・だいこん
・ほうれんそう ・りんご
・ピーマン
 ・モロヘイヤ
・レモン ・バナナ
・ブルーベリー ・まいたけ
 
・まぐろ ・さんま ・うなぎ
・かに
 ・牛肉 ・豚肉

・たまご ・そば ・わさび
・納豆 ・落花生 ・梅干し
・はちみつ

・牛乳 ・コーヒー ・紅茶
・ココア ・緑茶 ・ビール

・日本酒 ・焼酎 ・ワイン


 総合メニューへ
  (まだまだあります)


































Copyright(C)2004-2006 食の効能・効用 e情報館 All right reserved

疲れ気味の方
肌荒れが気になる方
物忘れが激しい方